3密を避けて新しい生活様式へ!

徳島・神山町で「すだちプロジェクト」 すだち遍路、新メニュー開発など

すだち遍路参加店舗

すだち遍路参加店舗

  • 0

  •  

 徳島・神山町で8月20日、徳島の特産品「スダチ」を活用した「すだちプロジェクト」が始まった。現在、首都圏を中心に各地でイベントを行っている。

 里山の未来を創造する「里山みらい」(名西郡神山町)と同町鬼籠野(おろの)地区の若手生産者グループ「みどり会」が協力し、高齢化による後継者不足の解消や、徳島固有のスダチ食文化を次世代に残すため、スダチの良さを体感してもらうイベントを企画し同プロジェクトのPR活動を精力的に行っている。

[広告]

 香酸かんきつ類に属する「スダチ」の国内生産量98パーセントの徳島県。中でも県内随一の収穫量を誇る神山町の「神山すだち」は、昼夜の寒暖の差が激しく雨量の多い山間部が生み出す香りの高さが特長。同プロジェクトでは神山すだち生産者の継承をテーマに、販路拡大を図る。

 9月1日からは、東京都内の名店40店舗が参加する「東京すだち遍路」を昨年に次ぎ実施。在京各店の料理人が同企画のためだけに創作した新たなスダチメニューを提供する。定番の食べ方から新たな食べ方、徳島の定番メニューなど、40種類のメニューが楽しめる内容となっている。

 8月29日・30日に開催された「第59回高円寺阿波おどり」の会場では、「徳島スダチボーイズ」が飲食ブースを出店し、スダチドリンクなどを販売したほか、神山すだちのつかみ取りを企画。2日間で180キロのスダチを用意し来場者に配布するなどPRを行った。

 このほか、9月2日まで渋谷ロフトで開催されている、雑誌「Discover Japan」と同店のコラボ企画「ITで町おこしに成功 徳島県神山町に触れる『Discover Japan -神山町に暮らすこと-」では、同館2階のカフェ「Shibuya City Lounge」で「すだちの天然酵母パン」「すだち鶏の手羽元 黒コショウグリルすだち添え」などの限定プレートを販売している。

 9月6日は、「目黒さんま祭り」会場で神山町のスダチ生産者が上京して1万個のスダチを提供。「すだち遍路」参加店の料理人と出会い交流する予定。

Stay at Home