3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

徳島・富田町に「中国小菜酒家 NAO」 自家製にこだわり

「カウンター越しにお客さまと話すことが好き」と言う尾形さん

「カウンター越しにお客さまと話すことが好き」と言う尾形さん

  • 0

  •  

 徳島・富田町のアクティファイブ1階に5月9日、中国小菜酒家「NAO」(徳島市富田町、TEL 088-679-1008)がオープンした。店舗面積は12坪。カウンター8席、座敷8席。

定番のすぶた

 同県内のホテルや中華料理店で修業を積み、料理長の経験も持つ店主の尾形直人さんが独立開業した同店。小学校時代に食べた中華の味に感動し、中学卒業後すぐに料理の世界に飛び込んでから30年間積み上げた腕を振るう。「質を高め、おいしいものだけを提供する」ことにこだわった店づくりを目指す。

[広告]

 料理には創作メニューを一切入れず、今まで学んだ技術を最大限生かした調理を行う。手間を惜しまず手作りにこだわり、原価を抑え、商品価格に反映させる。「いろいろな種類を楽しんでもらえるように」と小皿での提供を行い、アルコールドリンクも豊富に取りそろえる。

 テーブルには、直人さんの妻が手折りした折り紙の箸袋や、直人さんが若いころから考え続けていたという箸置き代わりの落花生をセットし、おもてなしを演出する。県内で手に入らない食材は神戸から仕入れを行い、県産食材もふんだんに使う。営業時間を翌4時までに設定したことで、同業者などの来店も多く、「商売の先輩方からのアドバイスを聞くのも楽しみの一つ」と笑顔を見せる。

 メニューは、来店客の9割が注文する「四川マーボー豆腐」(864円)、「定番のすぶた」(756円)、「四川タンタン麺」(864円)、骨付き鶏をさばいた「北京ダック」(1/4羽=2,592円、ハーフ=4,968円、1羽=9,720円)、皮から手作りをする「自家製ショウロンポー(3個入り)」(648円)、「もちもち皮の水ギョーザ(4個入り)」(648円)、「カニ肉と大根のミニ春巻き(4本入り)」(432円)など。メニューの一部はテークアウトにも対応する。

 直人さんは「店を立ち上げたことで、とてもいい経験ができている。開業に当たっては、1人では何もできないことが分かったし、自分の小ささに気が付いた。支えてくれる人たちのありがたみがよく分かり感謝している。手作りのぬくもりが伝わるような料理を提供していきたい」と意気込みを話す。

 営業時間は18時~翌4時。

Stay at Home