食べる

徳島・上勝町にクラフトビール醸造所「マイクロ・ブリュワリー」 テラスでBBQ提供も

シンボルマークのファザードには光が差し込む設計がされている

シンボルマークのファザードには光が差し込む設計がされている

  •  
  •  

 徳島・上勝町に6月12日、3R(Reduce, Reuse, Recycle)を楽しく体験できる施設「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store(ライズアンドウィン ブルーイングカンパニー バーベキューアンドジェネラルストア)」(上勝町正木)がオープンした。

ペールエールとレーヴェンホワイト

 席数は店内9席、テラス16席。クラフトビールを醸造する「マイクロ・ブリュワリー」、「テイスティング・スタンド」、「BBQガーデン」、「ジェネラルストア」で構成する同店。「TRANSIT GENERAL OFFICE INC.」(東京都港区)がプロデュースを担当。「中村拓志&NAP建築設計事務所」(東京都世田谷区)が設計を手掛けた。

[広告]

 提供するビールは、同町産の「ゆこう」を香りづけに使い、フルーティーで飲みやすく仕上げたという「レーヴェンホワイト」、ブリティッシュスタイルの代名詞でしっかりとした飲み心地という「ペールエール」の2種類。容量は米・パイント単位で(1パイント=0.473リットル)、1パイント=850円、3/4パイント=680円、1/2パイント=500円。オープン記念として、1パイントを780円で販売するほか、テイスティングセット=750円も用意する。

 現在、提供中のビールは同店オリジナルのレシピを元に「木内酒造」(茨城県那珂市)に製造を依頼しているもの。同店での醸造は、今月14日からを予定。7月中旬の販売開始を目指す。

 フードメニューは、カミカツグリルドッグプレートとして、クラシックポテトフライや、コールスローサラダ、ホームメイドピクルスが付いた「四国産鹿肉ソーセージドッグ」(1,200円)、「ポークソーセージドッグ」(1,000円)、「プルドポークサンド」(850円)を用意。デザートには、「R&Wオリジナルグラノーラヨーグルト ジンジャーシロップがけ」(450円)、「上勝ゆこうシャーベット」(350円)なども提供。テラスでのバーベキューは1人4,000円の予約制で受け付ける。

 2003年に国内で初めて「ゼロウェイスト宣言」を行い、2020年までに埋め立てごみをなくす取り組みを行っている同町。その理念に沿い、店舗の建具や家具などは町民が集積場に持ち寄り、廃材として使わなくなったものを生かし建築。建具は約90パーセント、家具は約100パーセントの割合でリユースを行った。建物正面には店舗の顔となる南西向きの「パッチワーク・ファザード」を設置した。

 外壁は同町産の杉板端材を用い、柿渋とベンガラを混ぜたオーガニック素材で塗装を施した。建築を担当した中村さんは「物の命を愛し、クリエーティブに使っていくことを目標とした。ゴミをゼロにするという作業が、カッコイイことだと伝わるような建築になったと思っている」と話す。

 営業時間は、平日11時~21時、土・日・祝10時~21時。

  • はてなブックマークに追加